RSS
 

2013/5/14の朝の夢日記

ひさしぶりの夢日記です。
あくまでも夢なので、真剣に読まないでくださいね。

それでは、夢日記のはじまり、はじまり〜〜〜

舞台は体育館から始まります。

「チキチキ 熱海で障害物レーーース」と古文のふじ○ら先生(なつかしい)が
いきなり体育館で叫んでおります。。。

なにやら障害物競走を静岡県の熱海全域をつかって行うようです。

そして、スタートの合図は熱い演技でおなじみの
ジャング○ポケットのさ○とうさんです。
青いジャージに2本線が入ってます^^v

指を刺して「おい!みんな位置につけー」と大声で叫び!

そして・・・

「よ〜い、トンッ」と豚っぱなに寄り目で首を傾げて軽くボケましたが・・・

生徒たちはおかまい無しにスタート!

さ○とうさんは、「おいっまてーーーーーーーー」と追いかけてきますが
ここで、さ○とうさんの出番はおしまい・・・

ここからレースの始まりです。

何となく趣旨は理解しましたが、突然レースが始まったので
如何せんコースが分かりません・・・
とりあえず、集団について行くことに・・・。

しかし 皆、足が速い!
必死について行くとなぜか全員珈琲屋さんに入っていきます。

扉は紫色で透けているガラスでスナック風のたたずまい

中に入るとマスターらしき人が

「取っても取っても腐ってるぅ(尻上がりに語尾が上がる感じ↑)」

と繰り返しつぶやきながら左手で2Fへと誘導しております、意味はよくわかりません。

狭い階段を上り2Fへ・・・

するとそこには、なぜか舞妓さんがたくさんおり
1人一回ずつ、おなじみの帯を引っ張って「あれぇ〜〜」というやつを
やってから奥の扉から出て行きます。

私も舞妓さんの帯を引きにいくと・・・

そこには、男性の舞妓さんが(ひどい

とりあえず帯を引きますが、ビクともしません。

パッとその男性舞妓さんの顔をみると
力が足りないと言わんばかりの顔で首を横にブルブル振っています。

他の人にはドンドン抜かれていきます。

おしりをペロンとさわると、男性舞妓さんは顔を真っ赤にして恥ずかしそうに

「いや〜ん」と声を出し!

その隙に思いっきり帯を引っ張ると野太い声で

「あれぇぇぇえぇえぇ〜」と回りました。

気持ち悪いので急いで次に進みました。

そして次は旅館に皆入っていきます・・・

入ってすぐにまたもや2Fへ・・・
そこには大きなヒノキのお風呂とその先に大きな透明な水道管が1Fに向かって勢いよく流れてます。
まさかと思いましたが、順番にその水道管に吸い込まれて消えていきます。

足から行く人もいれば、頭から突っ込む人もいます。
管の中は隙間なく水が流れているので、流れ出るまで息が出来ない事に・・・。

管の長さが分からないので、長さによっては死んでしまうんではないだろうかっという
恐怖が襲ってきましたが、すぐに順番がきてちゅうちょするまもなく
「はい、ドーン」と後ろから押されて管の中に頭から突っ込みました。

ブクブクとゆっくり浮かぶ泡を感じながら「あ〜死んじゃうのかなー」と思いながら
ぐるぐると管を通ると20秒ほどで出口からザバーンと飛びでました。

あー生きてたっと思う暇もなく、次に行かなければという義務感にかられ
旅館から出て前の人を追いかけます。

10人くらいの集団でしばらく走っていると先頭の人が遊園地に入っていきます。
もちろん、全員遊園地に向かって行きます。


ここで、事態は急変します!


遊園地内を進み、芋虫の形をしたジェットコースターに乗り込みました。
コースを見るとアップダウンの少ない子供向けのジェットコースターのようです。

ブーというブザー音と共にジェットコースターが徐々に進みます。

夢だからしょうがないですが、ハッと気づくと
いきなり真っ裸でジェットコースターに乗っています。

ジェットコースターの周りの人を見ると「ざわざわ」としています。
正直かなり焦って・・・・

「このままじゃ、やばい捕まる」と思った瞬間!

ジェットコースターが「ブゥーン」と停止しました!!
逃げられないように高い位置で停止させたのだと思います。

しかし、こちらは逃げなければなりません(そうなのか??)
ジェットコースターより飛び降り花壇の脇にしゃがんで隠れました。
結構高い位置(3Fくらい)より飛び降りましたが夢なので大丈夫でした。

すると「ウゥーウゥー」とパトカーが遊園地の周りに集まってきます。

こうなったら逃げるしかありません!(あくまでも夢です)

大事な部分を右手で押さえて 遊園地の壁(金網)までダッシュ!
しかし、大事な私のベンジャミンが右を隠すと左!左を隠すと右という風に
じゃじゃまる、ぴっころ 、ぽろり〜してしまいます。

なんとか辿り着きを金網を登り始めると
子供が下から石を投げてじゃまをしてきます。

しかも丸出しのお尻ばかり狙って(笑

なんとか登り、外へ出ると運悪くそこにパトカーがいて、追いかけてきます・・・
もうレースどころではありません。

必死に走っていると、周りにも真っ裸の人が1人、2人、3人・・・と徐々に増えてきて
皆必死に走っています!

すると、500mくらい先にゴールの文字が・・・

「あー助かった」となぜだか思った瞬間に周りの裸の人全員で

「ジャンガジャンガ・・・」とアンガールズのキメポーズ!

あっけに取られていると急に胸が苦しくなり、私だけバタっと倒れた瞬間にパッと目が覚めました。

今日も変な夢でした。。。

追いかけられる夢を見る時は大抵布団をかけ過ぎていたり
暑い日が多いように感じます。
そして大量の汗・・・。

シャワーを浴びてから会社に行きたくなる感じでしたが
毎度ギリギリの時間なのでシャワーをあびたら間に合いません。

周りの人、汗臭いかもしれないですがごめんなさい!

楽しい夢をみて、さわやかに起きてみたい・・今日この頃でした。

おしまい

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ